今はとても悲しく、お骨を手放すことが出来ませんが、いつかはそちらに納骨させていただくと思います。

西区 I